BBクリームとCCクリームって何が違っているの?

名前はよく似ているけれど…

化粧下地用によく使用されるBBクリームとCCクリーム。名前はよく似ているので化粧品としての機能もそう変わらないように見えますよね。実際にどちらを使っても大差ないんじゃないか、と思っている人も少なくはないんじゃないでしょうか。でも、共通点は化粧下地に使えるということくらいで他の機能は全く異なっているんですよ。美容に敏感な人は、TPOに併せて賢く使いこなしているんです!それでは具体的にはどんなところが違うのでしょうか?

BBクリームの特徴って?

BBクリームのBBっていったい何の略語なんでしょうか。気になりますよね。実は「傷をいやす」という意味のBlemishBalmのイニシャルを取っているんです。主な役目は化粧下地としての機能を果たしながら、日焼け止めとファンデーションとしての機能も持っています。夏は肌の老化の原因の大半でもある紫外線が強い季節ですよね。お肌を老化から守るためにもBBクリームでカバーするといいですね。ちなみにファンデーションとしてはリキッドファンデーションのような仕上がりです。

CCクリームはどんなことができるの?

オールインワン化粧品として使えるBBクリームとは異なり、CCクリームの方はファンデーションとしての機能は持っていません。CCクリームはコントロールカラーと化粧下地の効果を持っている化粧品です。CCが何の略語かについてですが、Color Controlなどメーカーごとに異なっていて、特に定まった定義はありません。主に肌色の悪さなどをカバーするために使用されます。テクスチャは軽めなのですっぴんに近い仕上がりにするのにいいですよ。

品川美容外科の告訴について調べる