冷えない生活習慣を手に入れて肌状態を改善!

冷えると怖い色々な症状

体の冷えは、さまざまな体の異常を引き起こします。特に怖いのが「便秘」です。便秘になると、腰痛が痛み、胸が苦しくなり、さらには内臓の状態が悪くなるで息まで臭くなりますが、なにより嫌なのが肌が荒れることです。自分の体が冷えているのかな?と心配な人は体温を測ってみてください。健康な人の体温は36度を超えていますが、これより下がっていると、内臓の機能が非常に低下しているいっていいでしょう。体温が低いということは、肌の新陳代謝も落ちていると考えてください。

冷えない食べ物とは?

いつも熱々の食事を食べているから大丈夫!と思ったそこのアナタ。単純に温かいものを食べたら良い、というわけではありません。温かくて、しかも消化の良い物を食べないと、体の新陳代謝は良くなりません。あと、便秘対策としてヨーグルトを食べるのは良いことだとされていますが、体温の低い人は注意です。こうした乳製品は体温を下げてしまいますので、便秘との兼ね合いを考えると、温かい温野菜のスープも一緒に取るのがオススメです。

冷えない生活習慣とは?

冷えにとって最もよくない生活習慣は、ダントツで夜更かしです。夜更かしは胃のリズムを奪い、消化能力を下げてしまいます。消化能力が下がると、免疫機能が低下して、胃の不調から始まって体の冷えがあり、便秘にもなってしまいます。そうなると、複合的な要因で肌のトラブルが起きてしまうので深刻です。次に良くないのが、カフェインの取り過ぎです。カフェインを過剰に摂取すると、夜の眠りが浅くなります。睡眠が不足すると、胃の不調を招き、やはり体が冷えてしまいますから、コーヒーも一日に一度か二度ぐらいに抑えたほうが良いです。

品川美容外科の起訴について詳しく